2018年1月12日(金) 全国ロードショー
Japanese movie Ito kun A to E trailer.
【作品紹介】
廣木隆一監督(『ヴァイブレータ』『軽蔑』)×岡田将生(『銀魂』『悪人』)・木村文乃(『羊の木』『イニシエーション・ラブ』) W主演
柚木麻子の傑作小説、遂に映画化!全員“伊藤”に振り回される、超モンスター級【痛い男】が、女たちの運命を狂わせる

男子厳禁!女たちの<毒>を観て、幻滅する恐れあり!!

 人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさが話題沸騰となったドラマ「伊藤くん A to E」が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化(2018年初春公開)を果たす。

 原作は、容姿端麗だが自意識過剰で無自覚に女性たちを振り回す“伊藤”を軸に、【A】から【E】、5人の女の無様な恋愛と成長を1章ずつのエピソードで描いた柚木麻子の傑作小説。

今回のドラマ&映画化にあたり、木村文乃演じる崖っぷちアラサ―脚本家・矢崎莉桜(やざきりお)が、起死回生を狙って、“伊藤”という同じ名前の男について悩むA~Dの恋愛相談をネタに脚本を書くというアレンジを施し、それぞれのエピソードを重層的に絡ませることで、誰もが予想しえない恋愛ミステリーへと変貌。

甘い恋愛に秘められた、嫉妬、執着、苛立ち、優越感…人間なら誰しもが抱える“毒”が、刺激的に、鮮やかに描き出される。
今まさに話題の本格派キャスト・監督によるタッグが、どんな化学反応を見せるのか。女たちの欲望が溢れ出す、誰も観たことがない恋愛ミステリーが誕生する!

【ストーリー】
20代半ばで手掛けた大ヒットTVドラマ「東京ドールハウス」で一躍有名になったものの、ある出来事がきっかけで新作を書けずにいる落ち目のアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)。ドラマプロデューサー田村(田中 圭)からも勧められ、自身の講演会に参加した【A】~【D】4人の女性たちの切実な恋愛相談を、再起をかけた新作脚本のネタにしようと企んでいる。

そんな彼女たちを悩ませ、振り回している男の名前が偶然にもすべて“伊藤”。莉桜は心の中で「こんな男のどこがいいのか?」と毒づきながら、脚本のネタのために「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導
する。
そして、莉桜は彼女たちの取材を重ねるうちに、【A】〜【D】の女たちが語る【痛い男】=“伊藤”が同一人物ではないかと考えはじめる。

そんなある日、莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒のひとり、容姿端麗、自意識過剰、口先ばかりでこれまで1度も脚本を書き上げたことのない28歳フリーターの“伊藤誠二郎”(岡田将生)が、4人の女【A】〜【D】たちを題材にしたドラマの企画を持ち込んできたと、田村に聞かされる。

なんと、これまで4人の女たちを振り回してきた“痛男”の正体は、莉桜が最も見下していた自分の生徒、“伊藤”だったのだ。しかも莉桜が再起をかけて取り組んできた渾身のネタを彼に奪われるかもしれない……。さらにそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。

二重の衝撃の事実にショックを受ける莉桜。実は“伊藤”の中では莉桜が5人目【E】の女になっていた。“伊藤”の狙いは一体なんなのか―。莉桜は、徐々に追い詰められていく。

【クレジット】
出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:ショウゲート
(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
公式サイト:http://www.ito-kun.jp
http://www.pottermania.jp/

みんなの反応

タグ一覧

関連記事