★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の吉岡里帆さんが7月9日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の会見に、共演の川栄李奈さんらと出席。「これがあれば“最低限度の生活”ができるもの」を聞かれた川栄さんが「朝、撮影現場に来て、爽やかに『おはよう』って言ってくれる里帆ちゃんや、いつも山田(裕貴)君が笑わせてくれる(こと)」と答えると、吉岡さんは「たまらない気持ちになりました」と照れ笑い。「川栄ちゃんとは同年代で、くたくたになるほど忙しいのに、いつも一生懸命で明るくて元気をくれる」と感謝していた。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の柏木ハルコさんの同名マンガが原作。吉岡さん演じる“生活保護受給者”を支援する新人ケースワーカーの義経えみるが、何らかの事情で生活に困り“生活保護”を受けている受給者たちのさまざまな人生に向き合いながら、自立させようと奮闘する姿と成長を描く。会見には、吉岡さん、川栄さんのほか、共演の山田さん、井浦新さん、田中圭さん、遠藤憲一さん、ドラマの脚本を担当する矢島弘一さん、米田孝プロデューサーも出席した。

 ケースワーカーにちなみ、自身にとっての「頼れる存在」を聞かれた吉岡さんは「井浦新さん。(撮影の合間に)1日が25時間あったら、1時間何に使いますかと聞いたら『本を読んだり、家族と過ごしたり、1時間多く寝たい』って答えてくれました。質問をした1時間後に『もう一回よく考えたんだけど“残りの1時間は意識的に何もしない”』って。吉岡さんが、もしそう答えたら、今後、取材されたときに使えるんじゃないかって(笑い)。そんなところまで考えてくれた優しさが、本当にすてきだなって感じました」と笑顔で明かした。

 井浦さんは、吉岡さんについて「座長として心配していることは何もありません。僕は手放しで頼っています」と絶賛。井浦さんも「頼れる人」を聞かれると「田中圭君。誰よりも滑舌がいい」と答え、田中さんを照れ笑いさせていた。

 「健康で文化的な最低限度の生活」は、2018年7月17日から毎週火曜午後9時に放送。初回は20分拡大版。

みんなの反応

  1. 福祉系の学校に通っている学生です。先生がこのドラマの原作マンガを授業の題材にしたことがあり、ドラマの放送が楽しみです。
    このドラマはみんなに見て欲しいです。人生の為になりますよ!

タグ一覧

関連記事